これってもしかして・・・。インフルエンザB型の主な症状の事例集

例年この時期になると猛威を振るうインフルエンザ。
学校では学級閉鎖になったり、職場でもたくさんの人が休んだりします。
インフルエンザは例年とは違った特徴が見られる場合もあります。
2015年のB型に焦点を当てて、その症状の事例集を紹介していきます。

画像①

のどの痛み、せき

これはどのインフルエンザにもおおよそ当てはまる症状です。
普通の風邪でも、のどの痛みやせきは出ますから、
なかなかこれだけでインフルエンザと断定するのは難しいところです。

発熱時の温度

普通、人の体温は朝目覚めた時よりも夕方のほうが高いです。
ですので、ただの風邪ならば朝目覚めてすぐに体温が

上がっていることはほとん どありません。
しかしインフルエンザの場合には、朝目覚めてすぐに体温が

上昇していることが 多いです。
朝起きた時に自分の体温がやけに高いな、と感じた時は

インフルエンザを疑うほ うが良いでしょう。

次はインフルエンザの型についてです。
よく新聞やニュースでA型やB型といった言葉を耳にしますよね。
あのA型、B型とはいったいなんなのでしょう。

・A型

ウイルスが変化しやすく、感染力が高いので世界的に流行することがあります。
A型の主な症状は38℃以上の高熱、体中の悪寒、関節や筋肉痛の痛み、全身のだる さなどがあります。

・B型

ウイルスがA型のような突然変異を起こさないため、世界的な大流行を巻き起こ すことはありません。

・C型

感染しても風邪程度の症状です。

B型はA型に比べると感染の流行性がそれほど高くありません。

しかしその感染力はA型と同等レベルで侮れるものではありません。

B型の主な特徴は以下の14項目があげられます

・胃炎

・上気道炎

・発熱

・さむけ、悪寒

・ふるえ

・咳

・痰

・頭痛

・全身のだるさ

・関節痛

・筋肉痛

・腰痛

・体重の減少

 

PR